Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

【肉の力】肉を食べてダイエット!

2016/ 12/ 27
                 
みなさんはを食べて痩せることができるということをご存知でしょうか?

この前テレビにいきなりステーキをたくさん食べるようになってから、
痩せたという方が出ていました。

その方はいきなりステーキのマイレージ(食べた合計量)がトップ3に入っている方でしたので相当を食べているはずです。
ですが、痩せることができているのはなぜでしょう。

を食べて痩せる理由とは??
を食べて痩せる。
にわかに信じがたい方もいるかもしれませんが知っている方は幸せですね。
だって、を食べて食べて食べて、痩せられるのですから。


にはL-カルニチンが含まれていて、脂肪燃焼を助けてくれます。
この、L-カルニチンダイエットを助けてくれるのです。
また、タンパク質を補給し筋肉量を減らさないようにすることでも、
基礎代謝を低下させないようにする効果があります。

肉を消化させるためには体内で多くのエネルギーを必要とするので、
消化されたものがそのまま体についてしまうわけではありません。


ですが、お肉を食べてダイエットするのには注意しなければいけないことがあります。
それは、ご飯やパンなどの炭水化物と一緒に取らない!ことです。
なぜかというと、糖質を抑えることによって、余分な脂肪が体につくことを防ぎます。
肉の脂肪の部分も食べないようにしましょう。
間違った方法でお肉ダイエットしてしまうと逆効果です。

炭水化物抜く・肉を代わりに食べる・脂肪は極力減らす→痩せる(ヤッター)
簡単に言うとこんな感じです。

どんな肉を食べればいいの??
前でも言ったように、脂肪分は極力減らしたいですよね。
そんな時には、やっぱり鶏肉ですね。
鶏のささみ、胸肉
牛ならヒレ肉を選ぶと良いようです!(個人的にヒレ肉が好きなのでラッキー♪

L-カルニチンが含まれている量を考えると、
羊>牛>豚>>鶏肉
という順番で、鶏肉にはほとんど含まれていないそうです。
やっぱ牛肉のヒレステーキか・・・(ラッキーです♪)

どうしてもサーロインやロースが食べたいという方は、
脂肪の部分をカットすることで、
カロリーが大体三分の一になります!

ひき肉を使ったハンバーグなどは注意です。。。
脂身が混ぜ込まれているので、
どうしても食べたい方は自分で作るか、
お店に確認してみてください。
自分で作る方は赤身のひき肉を買ってくださいね。

炭水化物抜いても甘いもの食べたい・・・
いくら炭水化物抜いて代わりに肉を食べても、
甘いものが食べたくなってしまいそうですよね?
ダイエット中なら甘いものがほしくなるのもわかります。
でも、肉に含まれているチロシンというアミノ酸が、甘いものを食べたい欲求を抑えてくれます。


肉の味付けに注意!!
肉の味付けでカロリーが高くなっては意味がありません。
なので、マスタードや七味、にんにく、わさび、大根おろし、おろし生姜
などと一緒に食べることによって、よく消化がされるようになります。


お肉ダイエット成功例は実はあまり多くありません。
その理由が、脂肪などを調整するのが難しいからです。
まったく脂身のない肉だけを食べるなら成功はしそうですね。
もともと、脂身が好きだっていう方は、お肉ダイエットをしても、
脂身に欲求が行ってしまうかもしれないのでやめたほうがいいかもしれませんね。

関連記事
                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。